遺品整理をする時に大切なことは?まごころを込めて故人を供養するために

遺品整理とは、単なる物の処分ではなく、故人の生きてきた証を一つひとつまごころ込めて供養しながら整理することです。

この記事では、遺品整理の際に大切にしたいことをご紹介します。
大切な故人の供養のためにも、是非参考にしてみてください。

 

遺品整理をする時に大切なこと

冒頭でも述べたとおり、遺品整理とは単なる片付けではありません。
故人が生前大切にしていた物や思い出の品などをまごころ込めて整理・仕分けしていく作業です。

遺品整理をする上で一番大切なのはまごころです。

物の価値は人によって違いますが、遺品は故人にとって生きてきた証です。遺品整理は故人を偲びながら遺族の手によってまごころ込めて丁寧に行いましょう。

また、不用品などは処分することもできますが、故人との思い出がつまった品などはまごころ込めて遺品供養やお焚き上げをすることをお勧めします。
遺品供養やお焚き上げをすることによって、遺品に宿っている故人の魂を浄化し、天に送ってもらうことができます。

遺族の心を軽くするためにも、まごころ込めて遺品供養やお焚き上げをしてもらうことは大切です。

また、遺品整理は専門業者に依頼して行ってもらうこともできます。忙しくなかなか時間がとれない遺族は、遺品整理業者への依頼も検討するでしょう。

しかし、遺品一つひとつに故人の思いがこもっているため、できるだけ遺族が一通り目をとおし、保管しておくものと処分するものをまごころ込めて選別しましょう。それが故人の供養にもなります。

 

遺品の供養を依頼するなら

遺品供養を行ってくれる業者はいくつかあります。

 

神社やお寺

神社やお寺で遺品供養やお焚き上げを行ってもらう人は多いです。

基本的には遺品を持ち込んでお焚き上げを行ってもらいますが、最近では遺品供養やお焚き上げを行っていない神社やお寺も増えてきているため、近所に依頼できる場所がない場合には郵送での依頼も可能です。
郵送であっても供養の気持ちとまごころを込めていれば問題ありません。

持ち込み・郵送などの受付方法は、神社やお寺によって異なりますので、必ず事前に確認を行いましょう。

葬儀場やお焚き上げ業者

以前は神社やお寺での遺品供養やお焚き上げが一般的でしたが、最近では葬儀場で行ってくれる場合や、専門のお焚き上げ業者も増えてきています。

この場合、持ち込みでのお焚き上げは行っていないケースも多く、遺品を郵送してお焚き上げを行ってもらう形になるため、持ち込んで立ち合いでのお焚き上げを希望する場合には注意しましょう。

遺品整理業者

遺品整理業者とは、不用品の仕分けや処分、部屋の清掃などを代行して行ってくれる業者ですが、同時に遺品の供養を行ってくれる会社もあります。

その場合には別途料金が発生してしまう場合もありますので、よく調べてから依頼するようにしましょう。

また、遺品整理業者に依頼する場合には、遺族に代わってまごころ込めて丁寧に作業をしてくれる業者を選びましょう。遺品整理は故人にとっても遺族にとっても大切なことです。

 

遺品供養の方法

遺品供養は、合同供養・個別供養・現地訪問供養の3種類があります。

業者によって行ってくれる供養の方法や料金は異なりますので、希望の方法を決めてから調べ依頼するようにしましょう。

また、故人を偲びながらまごころ込めて供養を行いたい場合には、現地訪問供養をお勧めします。
合同供養と比べると費用がかかってしまいますが、一度きりのことなので迷っている方はぜひ現地訪問供養を行ってもらい、故人とのお別れをしましょう。

 

まとめ

遺品整理や遺品供養は、故人との最後の時間です。
遺族の手によってまごころ込めて遺品整理を行うことで、故人も安らかに眠ることができるでしょう。

単なる作業だと思わず、まごころ込めて向き合いましょう。遺族にとっても後悔のないよう、遺品整理を行ってください。



 <お問合せ電話番号>
 050-3579-6009
 

 <お問合せフォーム>

    関連記事

    1. 東京都対応のおすすめ遺品整理業者20社とまとめ・ワンポイント

    2. 遺品整理の時に起こるトラブルとは?対策も交えながら解説

    3. 遺品整理はやっぱり大変?大変な理由と負担を減らす方法をご紹介

    4. 東京の遺品整理業者おすすめ3選!料金相場や業者選びのポイントも紹介

    5. 【孤独死】発見から葬儀、特殊清掃までの基本的な流れ

    6. 遺品整理にかかる費用は?相場や見積もりの出し方について解説

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    過去の投稿

    遺品整理のアクセスランキング