デジタル遺品とは?スマホやパソコンのデータを遺品整理しよう

現代では、「デジタル遺品」という言葉を耳にする機会が増えてきています。
デジタル遺品とは、人が亡くなってもデジタル機器へ保存されたままになっている情報のことです。

SNSの充実に伴い、これからも増え続けるデジタル遺品をどのように整理・削除するべきか考えてみましょう。

デジタル遺品とは何?遺品整理の方法を紹介

近年では、あらゆる情報を電子機器のみで管理する人が増加しました。

デジタル遺品とは・・・スマホやパソコンのデータ、ブログやSNSアカウント、電子口座等

株やFX等の資産運用、ネットバンキングで口座引き落としや支払いにも利用されるほど貴重なツールです。

ただしセキュリティが非常に厳しいので、本人以外が操作するのが難しく、IDとパスワードをきちんと把握しなければ、遺品整理中に資産を確認できない場合があります。
このような問題を未然に防ぐためにも、私たちは早めから遺品整理について対策を取ることが大切です。

スマホやパソコンのデータ

電子機器には、氏名、電話番号、メールアドレス、写真や動画等、たくさんのデジタル遺品が詰まっています。
もし遺品整理で、周囲へ隠したい趣味や異性との交遊関係が見つかった場合、ご自身もご家族も心に傷を負うかもしれません。

さまざまなデジタル遺品を見せたくない時には、「死亡時自動削除ソフト」を活用しましょう。

一定期間ログインや更新がない場合、自動でデータ削除をしてくれます。
いつ稼働するか設定すれば、見られたくない情報が親族の目に触れる前に消去が可能です。

遺品整理で個人情報が漏洩する可能性を防ぐためにも、デジタル遺品の管理は徹底しましょう。

SNSアカウント(LINE・Twitter・Facebook・Instagram等)

今の日本は、さまざまなソーシャルネットワークサービス(SNS)が充実しています。
SNSアカウントのIDとパスワードは、解約をスムーズに進めるためにも遺言書やエンディングノートに記載しておくのがおすすめです。

フェイスブックとインスタグラムは追悼アカウント登録、ツイッターはアカウント所有者が亡くなった時の削除方法がプライバシーフォームへ掲載されています。

ブログやSNSアカウントの削除は自分で行うのが一般的なので、遺品整理で困らないように早めから家族へやり方を伝えておきましょう。

電子口座

SNSアカウントだけではなく、私たちがよく利用する電子口座もデジタル遺品の一つです。

「故人の利用するネット銀行の口座が分からない…」
「口座が複数あって全部把握できない…」

遺品整理ではこのような悩みがよく見られます。
故人がどこの金融機関を開設しているか把握しておきましょう。

預金は相続人の権利が侵害されるのを防止するため、亡くなった時点で相続財産として凍結されるシステムになっています。

そのため、お金がすぐ出し入れできない状況になり、遺品整理でトラブルが発生することも。

葬儀準備や遺品整理に追われながら銀行で問い合わせる手間を考慮しても、あらかじめメモを取って保管しておくのが良いでしょう。

まとめ

デジタル遺品について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

電子機器の数々は、私たちの生活に欠かせない道具です。
仕事にも遊びにも使える便利な道具であり、企業秘密、交友関係、資産などのあらゆるデータをまとめて保存してくれます。

デジタル遺品の整理は、思い立てばすぐ始めることが可能です。
でも遺品整理に関する話は、両親や配偶者にはなかなか言いづらいと感じることでしょう。
その場合は、一旦自分で遺品整理を行ってから周囲へ伝えるのがおすすめです。

相続に必要な情報は親族がすぐ分かるようにまとめ、目に触れられたくないものは墓場まで持っていけるようにしましょう。
特にSNSアカウントの削除はすぐできないので、早めに対策を取ることが重要です

遺品整理で困らないよう、普段から身近なデジタル遺品について考えてみてください。

 



 <お問合せ電話番号>
 050-3579-6009
 

 <お問合せフォーム>

    関連記事

    1. 遺品整理と相続放棄の関係、相続放棄での遺品処分について徹底解説

    2. 絶対にやってはいけない!?遺品整理と相続との関係性を分析してみた

    3. 生前整理って必要?ゴミ屋敷を回避!身内の先々の為メリットと手法を解説

    4. 孤独死が起こった不動産は売却できる?高く売却するためのコツを解説

    5. 孤独死現場の遺品整理はもっと大変?遺品を処分する際の注意点を解説

    6. 遺品整理はどこに依頼すれば良い?選び方とおすすめの会社・優良企業をご紹介

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    過去の投稿

    遺品整理のアクセスランキング