遺品整理にかかる費用は?相場や見積もりの出し方について解説

 

遺品整理とは、亡くなられた方が生前使用していた物などを遺族が整理することです。
突然亡くなられた場合には、荷物などの整理が全く行われていないことがよくあります。

遺品が多くて何から手を付ければよいか分からない時には遺品整理業者に依頼するケースも多いでしょう。

今回は遺品整理を専門業者に依頼した場合にかかる費用や見積もりについてご説明します。

 

専門業者が行ってくれる遺品整理の内容

遺品整理業者が行ってくれる作業内容は以下のとおりです。

  • ・不用品とそうでない品の仕分け
  • ・不用品の回収や処分
  • ・売却が可能な品の査定
  • ・合同供養
  • ・作業後の清掃

片付けや仕分け、清掃など必要な作業はすべて行ってくれます。

また、消臭・消毒作業やエアコンの取り外しなど、様々な有料オプションサービスを提供している専門業者も多くあります。

遺品の量や部屋の状態を把握したうえで、適切な遺品整理業者を選びましょう。

 

遺品整理にかかる費用

遺品整理業者に依頼した際の費用については、部屋数や広さによって料金設定されているのが一般的です。

1R・1Kでは40,000円~80,000円、3LDKほどの広さになると200,000円~300,000円ほどの費用がかかります。

異臭などがあり特殊清掃が必要な場合には追加料金がかかることもあるので注意してください。

また、引っ越しと同様に荷物の量によっても費用が変わってきます。大型の荷物量が多い場合や不用品の量が多い場合には高額な費用がかかってしまいます。

 

遺品整理の費用を抑えるためには

費用を少しでも安く抑えるためには以下のことを行いましょう。

事前に整理をしておく

まず荷物全体の量を把握し、小物などの処分やまだ使えるものの整理などを行っておきましょう。
トラックなどが必要な大型の荷物については遺品整理業者に依頼し、個人でできる作業は先に行っておくことによって、費用を大きく抑えられます。

売却できるものはしておく

荷物を整理した際に、売却できるものについては先にしておきましょう。

売却についても遺品整理業者に依頼することは可能ですが、先に行っておくことによって不用品の整理にもなり、遺品整理業者に依頼する際の費用の足しにもなります。

また、業者の買取価格よりも高額で買い取ってくれるリサイクルショップなども多くあります。

少しでも費用を抑えるためにはより高額で買い取ってくれるお店を探しましょう。

 

見積もりの出し方

見積もりについても引っ越し業者と同様に、インターネットや電話で見積もりを出してもらう方法と、実際に荷物を見てもらい見積もりを出してもらう訪問見積もりという方法があります。

どちらもメリットデメリットがありますので、よく検討しましょう。

まず、インターネットや電話で見積もりを出してもらう方法については、

メリット…時間がかからない
デメリット…見積金額と実際の金額に差が出る可能性がある

次に、訪問見積もりについては、

メリット…正確な見積もり金額を出してもらえる
デメリット…時間の調整が必要

親族などが突然亡くなられた場合、遺族は葬儀などの手続きで忙しくなります。
賃貸などの場合、遺品整理についても早急に行わなければならないため、あまり時間はありません。

そんな時に、どこにいても数分で見積もりを出してもらうことができるインターネット見積もりは便利です。

しかし、実際に作業してみると思っていたより荷物が多かったり、特殊清掃が必要だったりと、見積もり金額と実際の費用に差が出てしまう可能性があるので注意が必要です。

一方訪問見積もりの場合は、実際に家に来てもらうため、都合をつけて時間の調整をする必要があります。

しかし、実際に状況を見てもらってから見積もりを出せるため、実際の費用との差はあまりありません。

 

まとめ

遺品整理は初めてでやり方がわからない、という方も多いと思います。

そんな時には無料相談を行ってくれるサイトもあります。
まずは調べてみて、より良い方法で遺品整理を行ってください。



 <お問合せ電話番号>
 050-3579-6009
 

 <お問合せフォーム>

    関連記事

    1. 遺品整理と相続放棄の関係、相続放棄での遺品処分について徹底解説

    2. 【専門家直伝】遺品の片付けで費用を抑える為のチェックポイント

    3. 遺品整理は廃棄物処理法に則った適切な処理が必要!遺品整理業者を選ぶ際は注意しよう

    4. 【遺品整理の基本】遺品整理の時期・タイミングや仕分け方法などを検証

    5. 【比較】遺品整理の相場は?間取りと一戸建

    6. 遺品整理はやっぱり大変?大変な理由と負担を減らす方法をご紹介

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    過去の投稿

    遺品整理のアクセスランキング