初めての遺品整理(業者の選び方・費用・失敗例から専門家が徹底解説)

頻繁に遺品整理をする事って無いですよね?・・・どこの業者へ依頼したら良いだろう?決める基準は?金額っていくら払うの?など、疑問や悩みに出来るだけ寄り添いながら、説明していきたいと思います。

本記事の内容

  1. 初めての方おすすめ。遺品整理業者を選ぶ5つのチェック方法
  2. 費用・相場ってどのくらいなの?
  3. 過去に陥った私の失敗を紹介します。

私は、遺品整理業界と関わって5年以上、私だけで対応するお客様からのご相談件数も月間10件以上となり、過去の苦い経験を元に、お客様と遺品整理業などの専門家との良い結びつきをすることが今なら出来る様になったと自負しております。

初めての方おすすめ。遺品整理業者を選ぶ5つのチェック方法

結論はとしては、①見積をとる、②担当者の対応は?、③ご近所業者、④許認可・届出、⑤仕分けできる?かです。

その①:見積書をとる。

ご納得いくまで見積りしましょう。
一般的には3社前後って言われますが・・・私は、これに拘らず良いと思います。
何か商品を購入する場合も、ひと目惚れもあれば、どれにしようか悩む事もありますよね。
遺品整理現場の状況にもよると思いますが、ご自身が「納得」するタイミングが2社目の事もあれば、5社目って事もあると思います・・・ただ、ひとつ言える事は見積書を取ることです。

見積りの取得方法(L)

 

その②:担当者の対応はどうですか?

◆ 熱心に対応してくれる。
◆ しっかりとした説明をしてくれる。
◆ 連絡を早めにくれる。
◆ 親身な対応で相談がしやすい・・・

人に対しても好き嫌いがあるように、遺品整理作業も人がやりますよね?

「見積書とって値段が安いけど、担当者がちょっと・・・」作業完了後に良かったと思えない事になるかもです。

 

その③:可能な限りご近所の業者へ

遺品整理現場と依頼業者の移動時間を聞いてみましょう。

極論かもしれませんが、東京都内の遺品整理作業を関西の業者へ依頼することはないですよね。
遺品整理作業は、現場作業で数時間(時には数日)、遺品の仕分けしたり、トラックで遺品を運搬したり。

遠隔地すぎる遺品整理業者だと、現場作業員が効率悪い仕事をすることになるかもです。

 

その④:許認可・届出、資格や実績はどうか。

◆ 一般廃棄物収集運搬業許可(ゴミや廃棄物の処理)
◆ 古物商許可(家財の買取・取引)
◆ 一般貨物自動車運送事業許や貨物自動車運送事業の届出(遺品等の配送費用など。ただし、遺品整理費用に含まれる事が多い)
※一般廃棄物許可に関しては自社で保持せず、保持している業者に処分を委託しているケースは多いです。

遺品整理業をする上記図記載の許認可・届出は最低限必要です。
その上で、資格遺品整理士、遺品査定士、事件現場特殊清掃士)などを取得しいる業者は尚可だと思います。
ただし、私の経験談として、有資格者だから素晴らしい仕事をする!とは限らないかと・・・。

本質は、その業者が責任を持って作業に当たってくれるかです!

それと、やはり実績ですよね!
ホームページやチラシなどで、実績が見れる業者をおすすめします。

その⑤:仕分けができるか。

仕分けって何?ですよね。
私が思う仕分けは・・・下記です。

◆ 遺品の中から貴重品の発見(買取含む)
◆ 重要な書類を区別できるか
◆ 貴重な品を誠実に報告してもらえるか

実際は現場に入ってからこの事象が起きますが・・見積の段階で、この3点を質問してみるのも良いと思います。

費用・相場ってどのくらいなの?

おおまかな相場はありますので、下記ご参照ください。

間取(広さ) 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K(20平米くらいまで) 3万円~8万円 1~2名 2~4時間
1DK・2K(30平米くらいまで) 5万円~12万円 2~3名 3~5時間
1LDK・2DK(40〜50平米くらいまで) 8万円~20万円 2~3名 4~6時間
2LDK・3LDK(50〜70平米くらいまで) 12万円~30万円 3~5名 5~8時間
4LDK(70〜90平米くらいまで) 18万円~40万円 4~6名 6~10時間(2日間に跨ぐ事あり)
4LDK以上(90平米以上) 22万円~60万円 4~8名 6~15時間(2日間に跨ぐ事あり)

ただし、相場はありますが、実際の費用がいくらか?と言うのは、正直に申し上げると、一概には言えないというのが事実です!
そこで、実際の現場より理由ご覧ください。

※現場写真と金額を近日、準備掲載します。

同じくらいの広さでも、荷物の量によって要する時間作業する人数で変動します。
やはり、まずは行動してお問い合わせをしてみるのが良いと思います!

過去に陥った私の失敗を紹介します。

私が実際に体験(失敗)した事を話します。
※「あなたの失敗例なんて興味ないよ」って方は、流していただいても問題ありません。

私が20代後半の時、大変お世話になっていた叔母が亡くなくなり、叔母は独身で子供もいなく、また、遺品整理現場の近くに住んでいた事もあり親類から私が相談を受け、なんとかしようという一心で遺品整理業者へ依頼し無事一通り終わったと思っていました・・・

しかし、不動産業界にてお客様から遺品整理の相談を受ける事があり、優良な遺品整理業者と複数お付き合いすることになり、この業界と精通ていきながら判明したのですが・・・金額は倍額の90万くらい支払い、担当者もたいした説明もなく、今思うと仕事も雑だったなと思い出します。

1社だけに見積をし、鵜呑みにした私が一番悪いとは思いますが・・・大変お世話になった叔母や、信頼して任せてくれた親類には申し訳ない気持ちが今もあり、正直後悔しております。

失敗や経験から学ぶことは多いと思いますが、少しでも皆さんへお伝えし、過去の私にならないように恥ずかしながら、紹介しました。

 

まとめとして

以上、「初めての遺品整理(業者の選び方・費用・失敗例から専門家が徹底解説)」というテーマに話をしてきたのですが、遺品整理業者ごとに、金額・信用性・作業の丁寧具合・得意分野などが様々異なるので、経験を複数重ねないと判断が難しいところもあります。

しかし、私達「むすび」は、全国1200社以上のお取引先から、ご依頼者の最寄でスピーディー丁寧な仕事をされる遺品整理業者を把握しております。
ご自身で解決できれば問題無しですが、もし、遺品整理に迷われたら、無料で相談は承っていますので、お気軽にご相談ください。

お問合せは、お電話を頂くか以下のフォームから、ご連絡下さいませ。



 <お問合せ電話番号>
 050-3579-6009
 

 <お問合せフォーム>

    関連記事

    1. 心理的瑕疵の不動産でも問題なし!?孤独死・ゴミ屋敷の例で解説!

    2. 遺品整理の時に起こるトラブルとは?対策も交えながら解説

    3. 遺品整理と相続放棄の関係、相続放棄での遺品処分について徹底解説

    4. 生前整理って必要?ゴミ屋敷を回避!身内の先々の為メリットと手法を解説

    5. 孤独死現場の遺品整理はもっと大変?遺品を処分する際の注意点を解説

    6. 【徹底解説】特殊清掃で臭いを消す方法5つ!専門家が実体験より説明

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    過去の投稿

    遺品整理のアクセスランキング