遺品整理はやっぱり大変?大変な理由と負担を減らす方法をご紹介

 

遺品整理は大変だという話を小耳にはさんだことがある人は多いでしょう。

しかし、遺品整理はどのように大変なのか、具体的にはよく知らないという人も少なくないはずです。

そこで、今回は遺品整理が大変な理由を解説した上で、大変な遺品整理の負担を減らす方法を紹介します。

来る日に備えて遺品整理の大変さをあらかじめ知っておきたい、大変な遺品整理の負担を軽減する方法を知りたいという人は、ぜひご覧ください。

 

遺品整理が大変な5つの理由

遺品整理が大変な理由としては、次の5つが挙げられます。

  • 体力を大きく消耗する
  • 膨大な時間がかかる
  • 心に大きな負担がかかる
  • 膨大な費用がかかる
  • トラブルに巻き込まれるリスクがある

以下より、それぞれの理由について解説します。

 

【遺品整理が大変な理由その1】体力を大きく消耗する

遺品整理をする際には、大型の家具や家電を運び出すという作業を行わなければなりません。
そのため、どれほど健康な人であっても、体力を大きく消耗してしまいます。

また、大きな荷物を運び終えても、家の中に遺された膨大な遺品を整理しなければならず、想像以上に体に負担がかかります。

場合によっては筋肉痛や肉離れを起こしたり、怪我を負ってしまったりすることがあるので、十分注意してください。

 

【遺品整理が大変な理由その2】膨大な時間がかかる

遺品整理は数時間で終えられるものではありません。
部屋の広さにもよりますが、すべての遺品を片付けるのに1週間以上かかってしまうこともあります。

また、遺品整理をしなければならない家が遠方にある場合、移動時間も馬鹿になりません。

賃貸物件などは早めの退去を迫られることも少なくないので、どれほど急いでも膨大な時間がかかってしまう遺品整理は、かなりの負担になることでしょう。

 

【遺品整理が大変な理由その3】心に大きな負担がかかる

遺品整理は故人の思い出の品を処分する作業の連続です。

たとえ不要なものだとわかっていても、思い入れのある物を処分するのは大変心苦しく、心に大きな負担がかかります。

特に、故人が賃貸物件に住んでいたために急いで退去をしなければならない場合、心の整理がつかないうちに遺品整理に取り組まなければならず、精神的負担は計り知れないものとなってしまうので注意してください。

 

【遺品整理が大変な理由その4】膨大な費用がかかる

遺品整理を行う際には、大型の家具家電からこまごまとした衣服や小物まで、大量の物を処分しなければならず、処分費用がかさみます。

また、故人が賃貸物件で孤独死をしてしまった場合などには、特殊清掃やリフォームを行わなければならず、莫大な費用を請求されることも少なくありません。

家の広さや物の量、亡くなったときの状況によって費用は大きく前後しますが、最低でも5万円前後の出費を要する可能性が高いということを念頭に置いておきましょう。

 

【遺品整理が大変な理由その5】トラブルに巻き込まれるリスクがある

遺品整理を行っていると、金銭的価値が高い物が見つかることが多いです。

しかし、これをめぐって親族間で相続トラブルが発生してしまう可能性があります。

また、遺品整理や特殊清掃を業者に依頼した場合、追加請求などのトラブルが起こってしまうことも少なくありません。

とはいえ、遺品整理は基本的にいつか必ずしなければならないもの。
遺品整理の際には予想されるトラブルを列挙し、それぞれのリスクを避けるための対策を練っておきましょう。

 

大変な遺品整理の負担を減らす方法とは?

これほど大変な遺品整理の負担を減らすための最善の方法は、「信頼できる遺品整理業者に遺品整理を依頼する」ことです。

遺品整理業者に遺品整理を依頼すれば、体力的な負担はもちろん、精神的な負担も減らすことができます。

また、遺品整理にかかる時間も1日あれば十分であることが多いです。
ちなみに、遠方であっても鍵さえ渡せば立会なしで遺品整理を済ませてくれる遺品整理業者もあります。

ただし、遺品整理業者に依頼する場合、費用とトラブルのリスクに気を付けなければなりません。
費用については、遺品の高額買取を積極的に行ってくれる遺品整理業者を選ぶことで、大幅に軽減することができるでしょう。

トラブルについては、不当な追加請求は行わないと契約書に明記している遺品整理業者を選んだり、万が一のことがあってもしっかり補償をしてくれる遺品整理業者を選んだりすることで回避できます。

自身の健康や安らかな生活を守るためにも、親族間で相続についてよく話し合った上で、信頼できる遺品整理業者に遺品整理を依頼しましょう。

 

まとめ

遺品整理は大変な作業ではありますが、遺品整理業者をうまく活用することで、大変さを大幅に軽減することができます。
今回ご紹介した内容を参考に、いつか来る日が訪れたとしても、大変な遺品整理の負担を出来る限り軽減し、故人との別れによって傷ついた心をゆっくりと癒やしてくださいね。



 <お問合せ電話番号>
 050-3579-6009
 

 <お問合せフォーム>

    関連記事

    1. 心理的瑕疵の不動産でも問題なし!?孤独死・ゴミ屋敷の例で解説!

    2. 遺品整理の時に起こるトラブルとは?対策も交えながら解説

    3. 遺品整理の求人を探す方法とは?具体的な仕事内容も解説

    4. 東京の遺品整理業者おすすめ3選!料金相場や業者選びのポイントも紹介

    5. 遺品整理はどうすればよい?不用品リサイクルショップの店舗ついても解説

    6. 孤独死後どのような処理が行われるの?葬儀などの手続きについて解説

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    過去の投稿

    遺品整理のアクセスランキング